【ゆっくり宝塚解説】#36 トップ娘役はなぜ叩かれる?嫁姑問題を徹底解析 後編

概要

宝塚歌劇団の名前は知っているけど、どんな所かわからないという方のためのゆっくり解説動画です。
今回は『なぜトップ娘役は叩かれるのか?』と題して宝塚歌劇団のシステム的な問題とトップ娘役の苦労を解説していきたいと思います。
今回は後編となりますので、よろしくお願いいたします。

※本動画は東方Projectの二次創作であるゆっくりキャラを用いた解説動画です。また個人的見解を含むエンターテイメント動画であり、内容に誤り等ある可能性がありますので、その点ご了承ください。

#ゆっくり解説 #宝塚歌劇団

YouTube
嫁姑バトル

コメント

  1. aki aki より:

    前後編の場合は概要欄に前編を貼り付けてほしい

  2. マナミ* より:

    宝塚にハマったきっかけが娘役、それからずっと娘役ばかりを見ているライトヲタなのですが、若い娘役への風当たりの強さはずっと感じていました。好みじゃないなと思うトップコンビや体制はありますが、劇団のトップコンビ人事にはいつもなるほどうまいなぁ、私は好みじゃないけどそういう需要もあるよなぁ!と思っているので、どんな人事にも理由がある事を分かりやすく説明していただき嬉しかったです。

  3. あいうえオレンジ より:

    概要に前編を貼ってくださると助かります…🥲

  4. もりもりまきまき より:

    最近スカステを見れるようにしたのですが、若い娘役さんは、皇族?の様にゆっくり上品に、そして余計なこと言わないですよね。なんだか可哀想になってしまう。。。。

  5. kaho K より:

    結論:女、めんどくさすぎ

    確かにナウオンステージとかで、
    「こ、これは…ヤバイかもしれぬな??」
    って謎にこちらが手に汗握ってしまうレベルで何もしゃべれてない方とかいたなぁ…とは思った。

    でもそれって普通にまだ若すぎるもんね、とか周りベテランで固められててそん中で喋れとか想像以上のプレッシャーだろうなぁ…とか、普通の(?)生活してたらまだ大学生くらいなんだろうなぁ…すごいなぁ妹やんけとか、隣に座ってるトップスターも必死で見守ってるなぁ…これからが成長で今必死なんだろうなぁ…

    くらいは普通に想像できたよね。
    んで、そこをわざわざ叩きにいこうとかは思わなかったよね、うん。

    色々あるのはわかるけど、やっぱりプロとしてリスペクトを持っていきたいですね。

    自分も気をつけよ。
    ゆっくりさんありがとうございます。

  6. 空川 より:

    宝塚に限らず、OSKでもなんだけど、ある意味「男尊女卑」なんですけどね。この男尊女卑が、娘役叩きにもなってる可能性ある事、説明してくれてありがとうございます。わかってない方々が多い気がするので。

  7. tm pp より:

    なるほどなぁと思う分析で勉強になりました。
    最近は偶然かもしれませんが、お披露目公演の演出家の先生も作品の内容に少し気を遣って下さってるんじゃないかという気もします。複数の男役さんにちやほやされる役にしないようにしてる感じというか。

  8. 桃次郎 より:

    50代の男性で、宝塚の大ファンです✋😊
    娘役さん、めっちゃ応援してますし、娘役さんの演技、歌、踊り、良~く見てますよ✨😊
    色々あるのでしょうが、私は歌劇だけを純粋に楽しみたいです🎵😊

  9. こやすやすこ より:

    最後の嫁姑問題が一番怖いと感じます。
    贔屓さんを熱烈に思うあまり、相手の娘役の粗探しに暇がなくなるのは、まさに嫁姑の立ち位置に近いと。
    そんな姑さん達が私設ファンクラブにたくさんいたら、一種の狂信団体みたいです。
    顔のくり抜き事件は本当に噂レベルであって欲しいです。
    私もまたヅカにハマって1年少しなので、夢を壊さないで欲しいと思いますね。

    追伸 私も漢真風さんがゆりかちゃんに戻った時のギャップが好きです。宙組ファンです。

  10. watermeronpanna より:

    いままで宝塚にほぼ興味なかった人間なのですが、なぜかおすすめに上がってきたこちらの動画を拝見し、そのままチャンネル登録させていただきました。
    主様はお若いでしょうに、よく調べられた上で、偏りのない目線で深い考察をされていて、宝塚の世界をとても興味深く感じました。他の動画もどんどん拝聴したいと思います。これからも動画制作がんばってください。

  11. うどん子 より:

    最初は男役さんかっこ良い!!!!
    からヅカオタになりましたが、
    近年は娘役大好きになり
    オペラグラスで目で追うのも娘役さんが多くなってきました。
    宝塚を知れば知るほど
    娘役さんの影の努力を感じ
    尊敬しています。
    トップ娘役さんはずっと観てると皆大好きになって
    退団時には今まで本当にありがとうございます😭😭😭
    と今までの苦労や努力を想像して毎回泣いてしまいます。

  12. Yu Poz より:

    個人的には現在の娘役って単に女性そのものを演じているわけではなく、男役という究極の人工美的存在のいる世界に住み、
    演じ歌い踊るためにカスタマイズされた、より人工的な何かだと考えているので、これはこれで下手をすると男役よりも
    特殊な芸のいる存在なのではないかと思うのです。声を鼻から頭に抜いて喋っているかのような独特の娘役発声然り、
    客席に”警察”がうようよいるドレス捌き、髪型やアクセサリーのセンスに対しての往年の某双子のヲカマの片割れのようなチェック…
    それを男役の”芸”よりも短期間で習得せねばならない…かのドレス捌きの神芸で知られるひびき美都さんも仰ってましたが、
    “男役十年”という言葉があるけれど、本来娘役の芸だってキチンと身に着けようとすれば十年はかかるものなんですよね…。
    難しいものです。

  13. Jun Jun より:

    娘役に求められる振る舞いが昭和的日本社会の縮図みたいだな…と思いました。
    そして女性内での男尊女卑の構図を女性のファンが推進してるんだなと…
    もう令和なんだから娘役ももっと自分の考えを表明したり、自分らしさを出せるようになればいいのに。
    男役の人が庇ってるのが救いですね、そこもまたカッコよくて人気が出る秘訣なのかなーと思いました。

  14. 田辺史佳 より:

    ファンの方それぞれに好みが有りますから劇団側が選びに選び抜いた人選でも全ての人を満足させる事は難しいですよね、それは男役も娘役も同じですが。それでも批判を承知で頑張っているトップ娘役はホントに尊いです、もっともっと評価されるべき。

  15. まこ より:

    まず、主様の言葉の選び方がとても丁寧で配慮と本当の宝塚愛に満ちていて、素晴らしかったです。動画作成ありがとうございましたm(_ _)m

    男役さんと娘役さんの発言に対するバイアス……
    自分も持ってしまっていることにハッとしました。
    例えば今月の『歌劇』で真風さんが美肌を保つために「良いと聞いたことは何でもしている」と述べていて、「ちょw フランツじゃなくてエリザベートじゃんww」と良い意味で爆笑しました。
    逆に『タカラヅカレビュー2020』で注目株の娘役さんへの美容の質問をするコーナーで潤花さんが「実家北海道のトマトジュースを飲んでいます」と述べていて、「いや、元から美人だし、周りにトマトジュース勧めまくらなくてもいいじゃん……」と思ってしまいました。

    しかし、実際にデリシューを観劇して、これは星組育ちの真風さんによる「ちえねね」級のコンビになるかもしれない……!!とかなりワクワクしました。まかじゅん素敵です!
    これからの宙組がより楽しみになりました。
    潤花ちゃん、過去の私みたいな穿ったファンや組変えに不満をもつ人(未だに組変えしないで彩風さんと組むべきだったとか言う人)に負けないで、私もファンレターひとつでもいいから温かいエールを送ってあげたいと思いました。素敵なアイリーンをありがとう、と。
    全てのトップコンビに幸あれ💕

  16. ひろあん より:

    なるほど。男役至上主義…④~⑦に関して、私は過激なフェミではありませんが少し憂慮しています。アイドルファンもそうですが、暖かく見守る目線も必要ですね。

  17. こまたん より:

    う〜ん、深いですよね。私がファンだった昭和ではSNSなんて無かったし、今の娘役さんがそんなに大変だとは。ショックだったのは「お慕い芸」という言葉。トップ退団時はトップ娘役も一緒が当たり前らしいのも衝撃。花總まりさんは異次元に感じました。トップさんに寄り添い立てるを越えて、ご自身が主役の貫禄でした。

  18. M M より:

    実力不足問題で語ってらっしゃいますし更にトップ娘役さんに限らず娘役さん全体の話になっちゃいますが美貌の種類として「男性宝塚ファンや一般男性受けしそうな(している)」容姿と判定済な娘役さんに対して更に当たりがキツい方いるよな…と男性ファンとして思います。

  19. より:

    たしかに実力不足な方も居るかもしれませんが、歌劇が選んだからにはきっと意味があるんだと思って私は受け止めます。スター性みたいなものはもはや言葉じゃ説明出来ないじゃないですか。安定感のあるコンビも好きですがすごい化学反応もたまには楽しいと思います^_^

  20. はるはな より:

    れい華のおふたりを叩く時にことなこのおふたりを引き合いに出してる人達が割と就任当時あってマジで許せなかった。どっちのファンにも失礼。

タイトルとURLをコピーしました